「人魚姫」になりきって泳ぐ!? マーメイドスイミング

上半身が人の姿、下半身は魚の姿で童話に登場する「人魚姫」。あの人魚姫のような尾ひれを体に装着することができたなら、さぞや自由自在に水の中を泳げるようになるのでしょうか? 

人魚さながらの綺麗な尾ひれのついたスイムウエアを着用して泳ぐ「マーメイドスイミング」が、海外のリゾート地などで体験できます。台湾・グアム・フィリピンといった日本から身近な国で手軽に行うことができ、泳ぎ方の習得と合わせて写真撮影がセットになっている場合が多いようです。まずは気分だけでも「人魚姫」になりたい!という方にもお勧めです。

なかでもフィリピンには「マーメイド・スイミング・アカデミー」というマーメイド養成校があるほどで、本格的に「人魚泳法」を学ぶことが可能とか。受講内容はレベルに合わせて選択でき、写真撮影が主なお手軽コースから、〝人魚泳法のノウハウ〟を人に教えることのできるインストラクター資格取得コースまであるそうです。

「インスタ映え」する写真を撮る目的でも、これから人気になりそうなマーメイドスイミング。実際に挑戦するとなると両足が固定されているため泳ぎづらく、意外にエクササイズ効果の高いスポーツかもしれませんね。

日本国内でも沖縄や鹿児島などで体験できる所があり、ダイビングスクールが行っている場合がほとんどです。男性用のスイムウエアもあるようなので、人魚になりきりたい方は性別を問わず、ぜひお試しあれ!(ひろば編集部)

関連記事

    「日本製の砲丸」がメダルを独占?!

      日本の砲丸投げ選手が強かったわけではありません。競技で使われる砲丸、スポーツ用具としての砲丸は日本製が優れていたという話です。アテネ五輪…



    パイ皿投げが始まり!? ディスクゴルフ

    クラブでボールを飛ばす代わりに、円盤型のフライングディスクをバスケット型のゴールに投げ入れる「ディスクゴルフ」。   より少ない投数で、専用ゴールに投…



    時間栄養学って、知ってますか?

    これまでの栄養学は、「どんな食べ物が体に良いか」ということでしたが、「いつ食べるのが良いか」を考えるのが時間栄養学です。象徴的に言えば「朝バナナ」とか「寝る前の牛乳」もそうですが、もっと深く研究されています。



    わずか2秒間の勝負! 飛び込み競技に注目

    空中での演技や水に入る時の美しさを競う、水泳の『飛び込み』競技。オリンピックでは、大きくしなるジュラルミン製の飛び板を使う「飛び板飛び込み(高さ3m)と、コンクリート製の台から飛び込む「高飛び込み(高さ10m)」が行われます。



    スカッシュは牢屋で始まった!?

    四角い部屋の中で相手と代わる代わるボールを打ち合う、スカッシュ。相手が打ったボールが2回バウンドする前に、壁に打ち返さなければなりません。使える壁は、前後左右です。



    バドミントンの起源と名前の由来は?

    バドミントンがいつ誕生したのか正確にはわかりませんが、イギリスが発祥地であることは間違いありません。1893年に英国バドミントン協会が設立されて、競技ルールが統一されたので、それ以前1860~70年ころ誕生したと思われます。



Posted in スポトピ, トピックス Tagged