「野球=害毒?」明治時代にそんな論争があった?!

野球が日本に伝わったのは、明治5年。以後、学校を中心に全国に広がりました。しかし、野球に熱中しすぎて学業不振に陥る生徒、ボールによる校舎の破損、試合での乱闘といった様々な問題が発生したため、野球を禁止する学校があったり、全国中学校校長会議で試合の管理強化や試合目的の外泊禁止等が打ち出されたりしました。

こうした野球批判が最高潮に達したのが、1911(明治44)年の野球害毒論争です。約1ヶ月間にわたって東京朝日新聞が「野球と其害毒」等の記事を連載し、選手の学業成績の悪さや不品行、身体の不均等な発育、入場料の徴収、選手制度、勝利至上主義等を批判しました。

連載の初回には、新渡戸稲造が野球を「対手を常にペテンに掛けよう、計略に陥れよう、塁を盗まう」とする「巾着切の遊戯」と断じました。これに対して、野球関係者も読売新聞等に反論記事を執筆し、当時の大きな話題となりました。

野球害毒論争から4年後の1915年、大阪朝日新聞は全国中等学校優勝野球大会(現在の「夏の甲子園」)を創設します。その際、「凡てを正しく、模範的に」を大会キャッチフレーズとし、試合前後に選手が本塁付近であいさつする礼式も始めました。これは、害毒論争で野球批判を繰り広げた朝日新聞社が、大会を開催することを正当化するとともに、それを全国にアピールすることがねらいでした。

現在、試合前後のあいさつは全国に普及していますが、それは野球害毒論争をきっかけにして創られたのです。(ひろばライター・中村哲也)

関連記事

    「日本製の砲丸」がメダルを独占?!

      日本の砲丸投げ選手が強かったわけではありません。競技で使われる砲丸、スポーツ用具としての砲丸は日本製が優れていたという話です。アテネ五輪…



    パイ皿投げが始まり!? ディスクゴルフ

    クラブでボールを飛ばす代わりに、円盤型のフライングディスクをバスケット型のゴールに投げ入れる「ディスクゴルフ」。   より少ない投数で、専用ゴールに投…



    時間栄養学って、知ってますか?

    これまでの栄養学は、「どんな食べ物が体に良いか」ということでしたが、「いつ食べるのが良いか」を考えるのが時間栄養学です。象徴的に言えば「朝バナナ」とか「寝る前の牛乳」もそうですが、もっと深く研究されています。



    わずか2秒間の勝負! 飛び込み競技に注目

    空中での演技や水に入る時の美しさを競う、水泳の『飛び込み』競技。オリンピックでは、大きくしなるジュラルミン製の飛び板を使う「飛び板飛び込み(高さ3m)と、コンクリート製の台から飛び込む「高飛び込み(高さ10m)」が行われます。



    スカッシュは牢屋で始まった!?

    四角い部屋の中で相手と代わる代わるボールを打ち合う、スカッシュ。相手が打ったボールが2回バウンドする前に、壁に打ち返さなければなりません。使える壁は、前後左右です。



    バドミントンの起源と名前の由来は?

    バドミントンがいつ誕生したのか正確にはわかりませんが、イギリスが発祥地であることは間違いありません。1893年に英国バドミントン協会が設立されて、競技ルールが統一されたので、それ以前1860~70年ころ誕生したと思われます。



Posted in スポトピ Tagged