行ってみました! Bリーグ

トレーニングで利用している小豆沢体育館(東京都板橋区)。ふと目にしたポスターで、この施設が東京エクセレンスのホームだと知り驚きました。「え? こんな地元でプロの試合が観られるの!」。ぜひ通いたいと「散歩がてらにBリーグ観戦」を実行しました。

足を運んだのは4月29日のナイターゲーム。既にシーズン終盤で、順位がほぼ確定した時期でも、熱気に包まれたアリーナはチームカラーの緑一色に染まっていました。

素早い攻守の切り替えに連動して響く音楽。DJの掛け声とチアリーダーの応援に乗せられ、躍動感あふれるプロのプレイに観客は大興奮。華麗なパス回しや豪快なダンクシュート。弧を描いてゴールに滑り落ちるスリーポイントシュート。試合は、バンビシャス奈良がリードする展開のまま終わってしまいましたが、「この迫力あるプレイを間近に体感できるなら何度でも訪れよう!」と心に決めました。

しかしこの試合があった4月時点には、東京エクセレンスはB2リーグからB3リーグへの降格が決まっていたことをのちに知りました。理由は、アリーナの収容人数がライセンス要綱を満たしていないからだそう。

現在、ファンによるB1昇格までも視野に入れた大アリーナ建設を要望する署名活動が進められています。あの熱気溢れる応援には、降格を惜しむ気持ちが込められていたのですね。  

でも施設の規模が大きければ観客は満足するのでしょうか?我々が普段利用する施設だからこそ愛着も大きかったはず。逆に迫力あるプレイから客席が遠くなってしまったら、もったいない!
(ひろば編集委員・大垣晶子)

関連記事

    「日本製の砲丸」がメダルを独占?!

      日本の砲丸投げ選手が強かったわけではありません。競技で使われる砲丸、スポーツ用具としての砲丸は日本製が優れていたという話です。アテネ五輪…



    パイ皿投げが始まり!? ディスクゴルフ

    クラブでボールを飛ばす代わりに、円盤型のフライングディスクをバスケット型のゴールに投げ入れる「ディスクゴルフ」。   より少ない投数で、専用ゴールに投…



    時間栄養学って、知ってますか?

    これまでの栄養学は、「どんな食べ物が体に良いか」ということでしたが、「いつ食べるのが良いか」を考えるのが時間栄養学です。象徴的に言えば「朝バナナ」とか「寝る前の牛乳」もそうですが、もっと深く研究されています。



    わずか2秒間の勝負! 飛び込み競技に注目

    空中での演技や水に入る時の美しさを競う、水泳の『飛び込み』競技。オリンピックでは、大きくしなるジュラルミン製の飛び板を使う「飛び板飛び込み(高さ3m)と、コンクリート製の台から飛び込む「高飛び込み(高さ10m)」が行われます。



    スカッシュは牢屋で始まった!?

    四角い部屋の中で相手と代わる代わるボールを打ち合う、スカッシュ。相手が打ったボールが2回バウンドする前に、壁に打ち返さなければなりません。使える壁は、前後左右です。



    バドミントンの起源と名前の由来は?

    バドミントンがいつ誕生したのか正確にはわかりませんが、イギリスが発祥地であることは間違いありません。1893年に英国バドミントン協会が設立されて、競技ルールが統一されたので、それ以前1860~70年ころ誕生したと思われます。



Posted in スポトピ