新国立は「陸上競技場」にならない?!

昨年7月に白紙撤回され、再公募の末、A案に決定した新国立競技場。しかし、聖火台の設置場所がない、サブトラックが仮設予定のまま…という課題を抱え、「おいおい、大丈夫?」と不安の声が出ています。

いや、それだけじゃありません。さらに重大な問題は、五輪開催後に、陸上競技のトラック9レーンの上に、1万2千席の観客席を増設する計画になっていることです。これは「サッカーW杯を招致するために、計8万席を確保できる競技場にしてほしい」というサッカー界の要望に応えたもの。しかし、トラック部分が観客席になってしまったら、もはや陸上競技場としては使えません。そもそも、サブトラックが仮設とされている時点で、国際基準の陸上競技大会を開催できないことになっていました。

「新国立競技場を将来的にどんな施設にするのかというプランは、最初から迷走している」と指摘するのは、2020オリンピック・パラリンピックを考える都民の会事務局長の萩原純一さん。

「陸上界、スポーツ界のための計画になっていない。今の神宮外苑軟式野球場に作る仮設サブトラックを常設にし、別な場所に代替の軟式野球場を設ければ、国際的な陸上大会が開催できるのに」と萩原さんは提案します。

スポーツ連盟は毎年、国立競技場で市民ランナーが走れる大会を開催してきたが、このままではそれが途絶えてしまう。また、利用料が高額になると予想され、競技団体からは『そんな高い競技場は使用できない』との意見も。今こそスポーツ界から「陸上の聖地を残して!」という声をあげる必要があるのでは?(編集部)

関連記事

    「日本製の砲丸」がメダルを独占?!

      日本の砲丸投げ選手が強かったわけではありません。競技で使われる砲丸、スポーツ用具としての砲丸は日本製が優れていたという話です。アテネ五輪…



    パイ皿投げが始まり!? ディスクゴルフ

    クラブでボールを飛ばす代わりに、円盤型のフライングディスクをバスケット型のゴールに投げ入れる「ディスクゴルフ」。   より少ない投数で、専用ゴールに投…



    時間栄養学って、知ってますか?

    これまでの栄養学は、「どんな食べ物が体に良いか」ということでしたが、「いつ食べるのが良いか」を考えるのが時間栄養学です。象徴的に言えば「朝バナナ」とか「寝る前の牛乳」もそうですが、もっと深く研究されています。



    わずか2秒間の勝負! 飛び込み競技に注目

    空中での演技や水に入る時の美しさを競う、水泳の『飛び込み』競技。オリンピックでは、大きくしなるジュラルミン製の飛び板を使う「飛び板飛び込み(高さ3m)と、コンクリート製の台から飛び込む「高飛び込み(高さ10m)」が行われます。



    スカッシュは牢屋で始まった!?

    四角い部屋の中で相手と代わる代わるボールを打ち合う、スカッシュ。相手が打ったボールが2回バウンドする前に、壁に打ち返さなければなりません。使える壁は、前後左右です。



    バドミントンの起源と名前の由来は?

    バドミントンがいつ誕生したのか正確にはわかりませんが、イギリスが発祥地であることは間違いありません。1893年に英国バドミントン協会が設立されて、競技ルールが統一されたので、それ以前1860~70年ころ誕生したと思われます。



Posted in スポトピ