東京・中野区のスポーツ施設が半額に

消費税率の引き上げやら何やらで、多くのスポーツ施設では、使用料を値上げする傾向が強いのでは…?

ところが東京・中野区は、なんと「18年7月から区立スポーツ施設の使用料を半額にする」と表明しました。これは、17年10月14日に行われた区民意見交換会の席上、言明したもの。長年にわたる新日本スポーツ連盟の活動や、中野区弓道連盟が「現行の高い使用料では、弓道連盟の維持すらできない」と訴求した請願が、区議会全会一致で採択されたことが大きなきっかけになりました。

新日本スポーツ連盟中野区連盟は、8月15日に来年度に向けての使用料見直しに当たって、料金引き下げの申し入れを文書で行い、区側と話し合っています。

中野区の説明では、2020東京五輪を契機にスポーツを通じて超高齢化社会の課題解決を図る「スポーツ・健康づくリムーブメント」の一環として、施設の使用料を軽減するとのこと。田中大輔区長は「身近な施設を大いに利用し、健康に役立ててほしい」と話します。

オリンピックに向けた整備などで東京周辺の施設が利用しづらくなっている今、こうした施策は大歓迎! 市民スポーツを広げる「オリンピック・ムーブメント」として、他の自治体も取り組んでほしいものです。
(ひろば編集部)

関連記事

    「日本製の砲丸」がメダルを独占?!

      日本の砲丸投げ選手が強かったわけではありません。競技で使われる砲丸、スポーツ用具としての砲丸は日本製が優れていたという話です。アテネ五輪…



    パイ皿投げが始まり!? ディスクゴルフ

    クラブでボールを飛ばす代わりに、円盤型のフライングディスクをバスケット型のゴールに投げ入れる「ディスクゴルフ」。   より少ない投数で、専用ゴールに投…



    時間栄養学って、知ってますか?

    これまでの栄養学は、「どんな食べ物が体に良いか」ということでしたが、「いつ食べるのが良いか」を考えるのが時間栄養学です。象徴的に言えば「朝バナナ」とか「寝る前の牛乳」もそうですが、もっと深く研究されています。



    わずか2秒間の勝負! 飛び込み競技に注目

    空中での演技や水に入る時の美しさを競う、水泳の『飛び込み』競技。オリンピックでは、大きくしなるジュラルミン製の飛び板を使う「飛び板飛び込み(高さ3m)と、コンクリート製の台から飛び込む「高飛び込み(高さ10m)」が行われます。



    スカッシュは牢屋で始まった!?

    四角い部屋の中で相手と代わる代わるボールを打ち合う、スカッシュ。相手が打ったボールが2回バウンドする前に、壁に打ち返さなければなりません。使える壁は、前後左右です。



    バドミントンの起源と名前の由来は?

    バドミントンがいつ誕生したのか正確にはわかりませんが、イギリスが発祥地であることは間違いありません。1893年に英国バドミントン協会が設立されて、競技ルールが統一されたので、それ以前1860~70年ころ誕生したと思われます。



Posted in スポトピ