オススメ作り置きレシピ③|元気が出るごはん〈4〉

梅雨に入り、作り置きする料理も傷みが心配になります。冷蔵庫に入れて置ける生野菜以外は加熱をしたほうが無難です。この時期は、ちくわやカニカマ、ハムなども加熱処理するようにしましょう。
また、抗菌作用のある調味料や食品(からし、マスタード、わさび、しそ、梅干し、生姜、酢など)を使うことで、傷みにくくなります。これらの調味料や食品を使うことで、さっぱりとした味付けになり、梅雨時や夏場でも食べやすくなります。
「マグロは刺身でしょ~」という声も聞こえてきそうな今号のレシピですが、切り落としやぶつ、6月が旬のキハダマグロなどを使って、試してみてください。臭みがなく、魚嫌いでも食べられます。
 

【材料】 (4人分)
マグロ切り落とし:200g ピーマン:2個
黄ピーマン:半個 玉ねぎ:中半個
トマト:中1個 ベーコン:3~4枚
レタス:5枚 ニンニク:1かけ分
生姜:少々 黒こしょう:多めの少々
塩:少々 ケチャップ:大さじ2
昆布茶:大さじ1 オリーブオイル:大さじ1
 
 
 
①マグロはキッチンペーパーに包み、しばらく冷蔵庫において臭みを抜く。野菜類・ベーコンはマグロと同じくらいの大きさに切る。ニンニクはスライス、生姜はすりおろす。
②フライパンにオリーブオイルとニンニクを入れ、弱火で熱してニンニクの香りを出す。
③マグロと生姜を加える。マグロの周りの色が変わったら、トマトを除く野菜・ベーコン・塩を加える。
④野菜に火が通ったら、トマトを加えてサッと炒め、ケチャップ、黒こしょう、昆布茶で味を調える。
⑤レタスを敷いた皿に盛りつける。
*昆布茶には塩分が入っていますので、量を加減しながら使ってください。

関連記事

    「低体温症」って何?

    山崎 健(やまけん先生) 新日本スポーツ連盟附属スポーツ科学研究所所長。新潟大学名誉教授。専門分野は運動生理学、陸上競技のサイエンス。マスターズM65…



    私は反応が遅い?

    山崎 健(やまけん先生) 新日本スポーツ連盟附属スポーツ科学研究所所長。新潟大学名誉教授。専門分野は運動生理学、陸上競技のサイエンス。マスターズM65…



    乳酸は疲労物質?

    東京大学の八田秀雄先生は「乳酸は疲労物質である」との従来の単純な考え方について、生理学・生化学に基づくデータから反論し、新たなトレーニング理論を提唱し…



    急斜面が怖いのは?

    山崎 健(やまけん先生) 新日本スポーツ連盟附属スポーツ科学研究所所長。新潟大学名誉教授。専門分野は運動生理学、陸上競技のサイエンス。マスターズM65…



    私は「速筋系」? それとも「遅筋系」?【スポ研所長 やまけん先生のブログ!】

    私たちの筋肉には「速筋系筋線維・超瞬発型(白筋)」「速筋系筋線維・瞬発型(ピンク筋)」と「遅筋系筋線維(赤筋)」が混在しています。赤・白・ピンクの3種類の筋線維があるわけです。



    スポーツ実施中の暑さ対策は?

    人類(ホモ・サピエンス)は20万年の進化の中で「発汗による体温調節」を獲得した極めて珍しい「動物」です。これは、アフリカのサバンナで「昼間」に移動する必要性があったからです。



Posted in コラム, 元気が出るごはん