野菜の豚肉巻き|元気が出るごはん〈2〉

オススメ作り置きレシピ

読者の方から「作り置き夕食を」のお葉書をいただきました。ありがとうございます。早速、考えてみました。主菜と副菜など、数回に分けて提案していきます。私が作り置きの基本にしているのは、冷めた時に固くなったり水気が出てしまうものは避ける。その他、弁当を作るつもりで作っています。

今月は、「野菜の肉巻き」です。レシピは、甘みのあるネギとエリンギにしていますが、新ごぼうやにんじん、えのきだけなど、家にある野菜でアレンジしてみてください(ちなみにわが家では山芋が好評です)。

写真は何の飾りもありませんが、サニーレタスや白菜を敷いたり、ミニトマト、ラディッシュなどを飾ると華やかになります。「我が家での作り置き、定番はこれ」がありましたら、ぜひお寄せください。

野菜の豚肉巻き


作り方
【材料】 (3~4人分)
薄切り豚肉:10枚 ネギ:1本 エリンギ:3本
合わせ調味料(酒:大さじ1 みりん:大さじ1砂糖:大さじ1/2 しょうゆ:大さじ1)

①長ネギを5cmの長さに切る。太い場合は半分にし、フライパンで焦げ目がつくまで加熱する。エリンギは石づきを取り、4分の1にする。
②合わせ調味料を混ぜておく。
③材料をそれぞれ豚肉にのせ、くるくると巻く。
④温めたフライパンに少量の油を引き、巻き終わりを下にして豚肉を入れ、加熱する(テフロン加工のフライパンの場合は油を引かずに焼くことができます)。
⑤肉と野菜に火が通ったら、合わせ調味料を回しかけ、豚肉に味をからめる。

*にんじんやごぼうは固めに火を通しておくと、焦げずに焼けます。

くわな・れいこ 料理研究家。女子栄養大学で実践栄養学を学ぶ。新日本スポーツ連盟東京ランニングクラブ所属。

「スポーツのひろば」2017年4月号より

関連記事

    マグロとピーマンのトマトソテー|元気が出るごはん〈4〉

    梅雨に入り、作り置きする料理も傷みが心配になります。冷蔵庫に入れて置ける生野菜以外は加熱をしたほうが無難です。この時期は、ちくわやカニカマ、ハムなども…



    「低体温症」って何?

    山崎 健(やまけん先生) 新日本スポーツ連盟附属スポーツ科学研究所所長。新潟大学名誉教授。専門分野は運動生理学、陸上競技のサイエンス。マスターズM65…



    私は反応が遅い?

    山崎 健(やまけん先生)新日本スポーツ連盟附属スポーツ科学研究所所長。新潟大学名誉教授。専門分野は運動生理学、陸上競技のサイエンス。マスターズM65三…



    乳酸は疲労物質?

      山崎 健(やまけん先生)新日本スポーツ連盟附属スポーツ科学研究所所長。新潟大学名誉教授。専門分野は運動生理学、陸上競技のサイエンス。マス…



    急斜面が怖いのは?

    山崎 健(やまけん先生) 新日本スポーツ連盟附属スポーツ科学研究所所長。新潟大学名誉教授。専門分野は運動生理学、陸上競技のサイエンス。マスターズM65…



    私は「速筋系」? それとも「遅筋系」?【スポ研所長 やまけん先生のブログ!】

    私たちの筋肉には「速筋系筋線維・超瞬発型(白筋)」「速筋系筋線維・瞬発型(ピンク筋)」と「遅筋系筋線維(赤筋)」が混在しています。赤・白・ピンクの3種類の筋線維があるわけです。



Posted in コラム, 元気が出るごはん