おろしレンコンのスープ|元気が出るごはん〈1〉

花粉症にお悩みの人に

寒い冬が終わり、春の芽吹きが感じられるようになると、「花粉症が始まる」と憂うつになる人も…。レンコンに含まれるポリフェノールの一種、タンニンは、アレルギー反応を急増させるリンパ球の発生を抑え、花粉症の原因となる抗体の発生を抑えるといわれています。

また、レンコンには食物繊維やビタミンCなども多く含まれているので、腸内環境の改善にも効果があります。腸内環境の改善は、花粉症の症状緩和に欠かせないともいわれます。

そして、レンコンの粘り成分であるムチンは鼻やのどの粘膜を潤し、保護します。粘膜を保護することで、アレルギー症状や風邪などのウイルス感染に対する免疫力を高めます。ムチンは熱に弱いので、効果を期待する時は加熱時間をなるべく短くしましょう。

おろしレンコンのスープ

【材料】 2人分
レンコン:80g 焼き海苔:1/2枚
だし汁:1.5カップ 塩・こしょう:各少々
ごま油:小さじ1/2 酢(レンコンのあく抜き用)
①レンコンは皮をむいて酢水に放した後、すりおろす。
②鍋に、だし汁とすりおろしたレンコンを合わ せ、中火にかける。焦げないように混ぜながら煮立て、とろりとしてきたら、塩、こしょうで味を調える。
③火からおろしたら、ごま油を落とし、焼き海 苔を小さくちぎって加える。

レンコンはすりおろすことで、ぬめり成分のムチンをそのまま摂取できます。また、今回のスープに加える海苔にはβ-カロテンが含まれ、皮膚や粘膜を健康に保つ効果があります。

くわな・れいこ 料理研究家。女子栄養大学で実践栄養学を学ぶ。新日本スポーツ連盟東京ランニングクラブ所属。

「スポーツのひろば」2017年3月号より

関連記事

    マグロとピーマンのトマトソテー|元気が出るごはん〈4〉

    梅雨に入り、作り置きする料理も傷みが心配になります。冷蔵庫に入れて置ける生野菜以外は加熱をしたほうが無難です。この時期は、ちくわやカニカマ、ハムなども…



    「低体温症」って何?

    山崎 健(やまけん先生) 新日本スポーツ連盟附属スポーツ科学研究所所長。新潟大学名誉教授。専門分野は運動生理学、陸上競技のサイエンス。マスターズM65…



    私は反応が遅い?

    山崎 健(やまけん先生)新日本スポーツ連盟附属スポーツ科学研究所所長。新潟大学名誉教授。専門分野は運動生理学、陸上競技のサイエンス。マスターズM65三…



    乳酸は疲労物質?

      山崎 健(やまけん先生)新日本スポーツ連盟附属スポーツ科学研究所所長。新潟大学名誉教授。専門分野は運動生理学、陸上競技のサイエンス。マス…



    急斜面が怖いのは?

    山崎 健(やまけん先生) 新日本スポーツ連盟附属スポーツ科学研究所所長。新潟大学名誉教授。専門分野は運動生理学、陸上競技のサイエンス。マスターズM65…



    私は「速筋系」? それとも「遅筋系」?【スポ研所長 やまけん先生のブログ!】

    私たちの筋肉には「速筋系筋線維・超瞬発型(白筋)」「速筋系筋線維・瞬発型(ピンク筋)」と「遅筋系筋線維(赤筋)」が混在しています。赤・白・ピンクの3種類の筋線維があるわけです。



Posted in コラム, 元気が出るごはん