たった4分間、週2~3回で効果が。タバタ式トレーニングとは?

たった4分間のトレーニングで、1時間の運動と同じような効果を得られるタバタ式トレーニングが欧米で流行し、日本へも逆流入する勢いです。本来は高強度のインターバル・トレーニング(HIIT)の一つとして考案され、トップアスリート向けのプログラムでした。

しかしその効果が高かったため、効率を求める欧米を中心に普及・流行し、最近では日本へ逆流する傾向にあります。

まとまった書籍としては、立命館大学の田畑泉教授による『タバタ式トレーニング』扶桑社2015年刊があります。特徴は、20秒間強度の高い運動をして、10秒間休みます(合計30秒)。

これを8セット行うと4分間になります。強度の高い運動の例としては、バービー、スクワットジャンプ+回転、マウンテンクライマーなど十数種類が挙げられていて、強さや難しさをみて、各自で組み合わせながら行います。負荷が大きいので、準備体操やクールダウンは丁寧に行います。

ただ4分間トレーニングを行った最後には、疲労困憊、ヘトヘトになるのが目標です。 皆さん、YouTubeでタバタ式トレーニングを検索して、動画をみてください。若いインストラクターの映像は、「自分には、とても真似できない」と思うほどキツイ運動です。

しかし最近は女性を中心に、同じ動きでも少しゆっくり目で、息は切れるもののケガはしない、一般の人でも何とかやり切れそうな映像も増えてきました。
(ひろば編集委員・西條晃)

関連記事

    「日本製の砲丸」がメダルを独占?!

      日本の砲丸投げ選手が強かったわけではありません。競技で使われる砲丸、スポーツ用具としての砲丸は日本製が優れていたという話です。アテネ五輪…



    パイ皿投げが始まり!? ディスクゴルフ

    クラブでボールを飛ばす代わりに、円盤型のフライングディスクをバスケット型のゴールに投げ入れる「ディスクゴルフ」。   より少ない投数で、専用ゴールに投…



    時間栄養学って、知ってますか?

    これまでの栄養学は、「どんな食べ物が体に良いか」ということでしたが、「いつ食べるのが良いか」を考えるのが時間栄養学です。象徴的に言えば「朝バナナ」とか「寝る前の牛乳」もそうですが、もっと深く研究されています。



    わずか2秒間の勝負! 飛び込み競技に注目

    空中での演技や水に入る時の美しさを競う、水泳の『飛び込み』競技。オリンピックでは、大きくしなるジュラルミン製の飛び板を使う「飛び板飛び込み(高さ3m)と、コンクリート製の台から飛び込む「高飛び込み(高さ10m)」が行われます。



    スカッシュは牢屋で始まった!?

    四角い部屋の中で相手と代わる代わるボールを打ち合う、スカッシュ。相手が打ったボールが2回バウンドする前に、壁に打ち返さなければなりません。使える壁は、前後左右です。



    バドミントンの起源と名前の由来は?

    バドミントンがいつ誕生したのか正確にはわかりませんが、イギリスが発祥地であることは間違いありません。1893年に英国バドミントン協会が設立されて、競技ルールが統一されたので、それ以前1860~70年ころ誕生したと思われます。



Posted in スポトピ