スカッシュは牢屋で始まった!?

四角い部屋の中で相手と代わる代わるボールを打ち合う、スカッシュ。相手が打ったボールが2回バウンドする前に、壁に打ち返さなければなりません。使える壁は、前後左右です。

4つの壁に当たったボールが、どのように跳ね返るのかを考えながら打つことが勝敗を左右するカギとなります。ボールを打ち返す力と角度を頭の中で計算して、相手が打ちにくい所にボールを飛ばします。テニスのスマッシュのように強いボールを打つというより、狙った所に上手くボールを運ぶ方が大切。激しく走りながらも、先を読む力が必要とされます。

短い時間で判断する力や推理する力が身につくので、宇宙飛行士のトレーニングにも取り入れられているとか。勝つためには、すばやく相手の心を読み取ることが必要になるスカッシュ。体も頭もフルに活用できる、とても健康的なスポーツといえそうです。

ちなみに、スカッシュが始まったのは、今から100年以上前のイギリスです。なんとロンドンの牢屋で行われていたのが起源になっているそうです。運動不足を解消するために、囚人たちは壁にボールをぶつけていました。それがこのスポーツの始まりになったというのは驚きですね。牢屋で生まれたユニークなスポーツ、スカッシュ。ぜひ一度、挑戦してみませんか。(ひろば編集部)

「スポーツのひろば」2020年5月号より

関連記事

    「日本製の砲丸」がメダルを独占?!

      日本の砲丸投げ選手が強かったわけではありません。競技で使われる砲丸、スポーツ用具としての砲丸は日本製が優れていたという話です。アテネ五輪…



    パイ皿投げが始まり!? ディスクゴルフ

    クラブでボールを飛ばす代わりに、円盤型のフライングディスクをバスケット型のゴールに投げ入れる「ディスクゴルフ」。   より少ない投数で、専用ゴールに投…



    時間栄養学って、知ってますか?

    これまでの栄養学は、「どんな食べ物が体に良いか」ということでしたが、「いつ食べるのが良いか」を考えるのが時間栄養学です。象徴的に言えば「朝バナナ」とか「寝る前の牛乳」もそうですが、もっと深く研究されています。



    わずか2秒間の勝負! 飛び込み競技に注目

    空中での演技や水に入る時の美しさを競う、水泳の『飛び込み』競技。オリンピックでは、大きくしなるジュラルミン製の飛び板を使う「飛び板飛び込み(高さ3m)と、コンクリート製の台から飛び込む「高飛び込み(高さ10m)」が行われます。



    バドミントンの起源と名前の由来は?

    バドミントンがいつ誕生したのか正確にはわかりませんが、イギリスが発祥地であることは間違いありません。1893年に英国バドミントン協会が設立されて、競技ルールが統一されたので、それ以前1860~70年ころ誕生したと思われます。



    本の紹介「100歳まで元気でスポーツを続けるには」

    100 歳までスポーツを続けるのは可能か? 私事で恐縮ですが実例をあげましょう。私の父は昨年101 歳で天寿を全うしましたが、前日には自分の足で歩いて…



Posted in スポトピ, トピックス