スノーボードは、いつ、どのように誕生したのか?

いつ誕生したかは、いろいろの説があって定かではありません。スノーボードという名称については、1980年代の初めに、米国とカナダを中心として北米スノーボード協会ができて、名称が統一されたことが始まりです。

日本では1982年に日本スノーボード協会が発足しました(1987年に日本スノーサーフィン協会を吸収合併し一元化されました)。

協会ができる前史として知られているのは、後にスノボを作る会社を興したトム・シムスが中学生時代の1963年に「スキーボード」を作って遊んでいたとか、子ども用の遊具で「スナーファー(雪のsnowとサーファーsurferの複合語)」があったなどです。だから1960年代に前史として始まっていたことになります。

スノボの有名なブランドであるバートンが会社を立ち上げたのは1977年、さらにソフトブーツに固定式ビンディングがあらわれたのが1985年なので、現在使われているスノーボードの形が出来上がったのは1980年代と言っても良いでしょう。

競技大会は、1989年に国際スノーボード連盟(現在は世界スノーボード連盟に変わっている)が発足するころから、国際的な大会が行われるようになりました。日本では1990年にルスツスキーリゾートでワールドカップが開催されました。冬季オリンピックは1998年の長野大会からで、アルペンとハーフパイプの競技が行われました。(ひろば編集委員・西條晃)

「スポーツのひろば」2020年3月号より

関連記事

    「日本製の砲丸」がメダルを独占?!

      日本の砲丸投げ選手が強かったわけではありません。競技で使われる砲丸、スポーツ用具としての砲丸は日本製が優れていたという話です。アテネ五輪…



    パイ皿投げが始まり!? ディスクゴルフ

    クラブでボールを飛ばす代わりに、円盤型のフライングディスクをバスケット型のゴールに投げ入れる「ディスクゴルフ」。   より少ない投数で、専用ゴールに投…



    時間栄養学って、知ってますか?

    これまでの栄養学は、「どんな食べ物が体に良いか」ということでしたが、「いつ食べるのが良いか」を考えるのが時間栄養学です。象徴的に言えば「朝バナナ」とか「寝る前の牛乳」もそうですが、もっと深く研究されています。



    わずか2秒間の勝負! 飛び込み競技に注目

    空中での演技や水に入る時の美しさを競う、水泳の『飛び込み』競技。オリンピックでは、大きくしなるジュラルミン製の飛び板を使う「飛び板飛び込み(高さ3m)と、コンクリート製の台から飛び込む「高飛び込み(高さ10m)」が行われます。



    スカッシュは牢屋で始まった!?

    四角い部屋の中で相手と代わる代わるボールを打ち合う、スカッシュ。相手が打ったボールが2回バウンドする前に、壁に打ち返さなければなりません。使える壁は、前後左右です。



    バドミントンの起源と名前の由来は?

    バドミントンがいつ誕生したのか正確にはわかりませんが、イギリスが発祥地であることは間違いありません。1893年に英国バドミントン協会が設立されて、競技ルールが統一されたので、それ以前1860~70年ころ誕生したと思われます。



Posted in スポトピ, トピックス Tagged