時間栄養学って、知ってますか?

これまでの栄養学は、「どんな食べ物が体に良いか」ということでしたが、「いつ食べるのが良いか」を考えるのが時間栄養学です。象徴的に言えば「朝バナナ」とか「寝る前の牛乳」もそうですが、もっと深く研究されています。

一日ダラダラとして夜も遅くまで起きてしまう、体調も今一つ良くないという生活と、「朝だ、元気だ、今日もがんばろう」という生活ではまるで違います。その違いを、時間栄養学が解明し、改善の道筋を示してくれます。人間の体の中には、たくさんの「時計遺伝子」があって、バランスをとりながら「体内時計」を回しています。体内時計が理想的な動き方をする食事のとり方をすれば、朝から一日元気で過ごせることになります。

一番良いのは朝食から夕食までを12時間にすること、朝食が7時なら夕食も午後7時です。少しゆるくすると14時間、朝食7時、夕食9時になります。さらに朝食を多くして夕食を少なくする、朝は太陽の光を浴びると、「朝だ、元気だ」の朝型でリズムある生活になります。反対に、朝食抜きや、夜食を食べる習慣は、時間遺伝子の影響で肥満になることが実証されています。

でも「お相撲さんは、朝食抜きだから太っている」という見方は間違いです。朝稽古後の食事と昼寝で筋力をつけています。鍛えられた筋肉で太って見えるだけで、脂肪で太っているわけではありません。「太っているが肥満ではない」とも言えますが、「募っているが募集はしていない」という〝首相の迷言〟とは一緒にしないでください。
(ひろば編集委員・西條晃)


食べる時間を変えれば健康になる 時間栄養学入門 古谷彰子(著)ディスカヴァー携書

関連記事

    「日本製の砲丸」がメダルを独占?!

      日本の砲丸投げ選手が強かったわけではありません。競技で使われる砲丸、スポーツ用具としての砲丸は日本製が優れていたという話です。アテネ五輪…



    パイ皿投げが始まり!? ディスクゴルフ

    クラブでボールを飛ばす代わりに、円盤型のフライングディスクをバスケット型のゴールに投げ入れる「ディスクゴルフ」。   より少ない投数で、専用ゴールに投…



    わずか2秒間の勝負! 飛び込み競技に注目

    空中での演技や水に入る時の美しさを競う、水泳の『飛び込み』競技。オリンピックでは、大きくしなるジュラルミン製の飛び板を使う「飛び板飛び込み(高さ3m)と、コンクリート製の台から飛び込む「高飛び込み(高さ10m)」が行われます。



    スカッシュは牢屋で始まった!?

    四角い部屋の中で相手と代わる代わるボールを打ち合う、スカッシュ。相手が打ったボールが2回バウンドする前に、壁に打ち返さなければなりません。使える壁は、前後左右です。



    バドミントンの起源と名前の由来は?

    バドミントンがいつ誕生したのか正確にはわかりませんが、イギリスが発祥地であることは間違いありません。1893年に英国バドミントン協会が設立されて、競技ルールが統一されたので、それ以前1860~70年ころ誕生したと思われます。



    本の紹介「100歳まで元気でスポーツを続けるには」

    100 歳までスポーツを続けるのは可能か? 私事で恐縮ですが実例をあげましょう。私の父は昨年101 歳で天寿を全うしましたが、前日には自分の足で歩いて…



Posted in スポトピ, トピックス