バドミントンの起源と名前の由来は?

バドミントンがいつ誕生したのか正確にはわかりませんが、イギリスが発祥地であることは間違いありません。1893年に英国バドミントン協会が設立されて、競技ルールが統一されたので、それ以前1860~70年ころ誕生したと思われます。従来からバトルドア(羽子板)・アンド・シャトルコック(羽根)という羽根つき遊びがありました。これが変化して競技に発展したと考えられます。

もう一つの説は、インドで行われていた「プーナ」という遊びをイギリス兵が母国へ持ち帰り、競技の原型になったというものです。

バドミントンという名称の起源は、イギリス南西部にあるバドミントン村にあったボーフォート公爵の邸宅バドミントン・ハウスで、この競技が行われていたからというのが定説になっています。

ところでバドミントンのシャトルのスピードは最速493km/hにもなるのに、空気抵抗で短時間に減速するという速度差が競技の特性になっています。この空気抵抗を生む独特のシャトルは、草創期にワインやシャンパンのコルクに鳥の羽を刺して使っていたと言われます。

日本では1920年ころ横浜のYMCA(キリスト教青年会)から全国へ普及しました。戦後になって1946年に日本バドミントン協会(NBA)が創立され、翌1947年に全日本選手権が行われました。オリンピックの正式種目になったのは、1992年のバルセロナ大会からです。(ひろば編集委員・西條晃)

「スポーツのひろば」2020年5月号より

関連記事

    「日本製の砲丸」がメダルを独占?!

      日本の砲丸投げ選手が強かったわけではありません。競技で使われる砲丸、スポーツ用具としての砲丸は日本製が優れていたという話です。アテネ五輪…



    パイ皿投げが始まり!? ディスクゴルフ

    クラブでボールを飛ばす代わりに、円盤型のフライングディスクをバスケット型のゴールに投げ入れる「ディスクゴルフ」。   より少ない投数で、専用ゴールに投…



    時間栄養学って、知ってますか?

    これまでの栄養学は、「どんな食べ物が体に良いか」ということでしたが、「いつ食べるのが良いか」を考えるのが時間栄養学です。象徴的に言えば「朝バナナ」とか「寝る前の牛乳」もそうですが、もっと深く研究されています。



    わずか2秒間の勝負! 飛び込み競技に注目

    空中での演技や水に入る時の美しさを競う、水泳の『飛び込み』競技。オリンピックでは、大きくしなるジュラルミン製の飛び板を使う「飛び板飛び込み(高さ3m)と、コンクリート製の台から飛び込む「高飛び込み(高さ10m)」が行われます。



    スカッシュは牢屋で始まった!?

    四角い部屋の中で相手と代わる代わるボールを打ち合う、スカッシュ。相手が打ったボールが2回バウンドする前に、壁に打ち返さなければなりません。使える壁は、前後左右です。



    本の紹介「100歳まで元気でスポーツを続けるには」

    100 歳までスポーツを続けるのは可能か? 私事で恐縮ですが実例をあげましょう。私の父は昨年101 歳で天寿を全うしましたが、前日には自分の足で歩いて…



Posted in スポトピ, トピックス