約半数が「メンテナンスしない」 サイクリストも ”車検”しよう!

ここ数年人気を集めているサイクリング。ロードバイクなどのスポーツバイクに乗って街中を颯爽と走る姿をよく見かけます。一方、自転車による交通事故が多いというデータも…。警視庁によると、交通事故全体のうち自転車が関与する事故の割合は、全国で18・2%。都内に限ると、なんと32・1%と、約3件に1件は自転車がらみの事故なのです。

そこで、一般社団法人自転車協会は、全国のサイクリストを対象にメンテナンスに関する意識調査を実施。その結果、約7割が「メンテナンス不足で、運転中に故障トラブル(パンクやチェーン・ブレーキなどの不具合)を経験したことがある」と答え、およそ半数が「自転車をまったくメンテナンスしていない」ことがわかりました。

また、故障トラブル経験者のうち、2人に1人は「衝突や転倒などのヒヤリ・ハット経験がある」と回答。その割合は、故障トラブル経験がない人に比べると、2倍近くも高いという結果になっています。

つまり、日頃からメンテナンスをしていれば、故障トラブルを防ぐことができ、事故防止につながるということ! 同協会は、スポーツバイク取り扱いのプロである「SBAA PLUS」認定者による点検・整備を推進するための「自転車も車検! キャンペーン」を実施中。「しばらく愛車の点検してないなぁ」という方は、ぜひ対象のプロショップへ。(ひろば編集部)

自転車も車検!キャンペーン (2017年12月31日まで)
対象店舗で500円以上の整備を受けると、1万円相当のお買い物券(整備を受けた店舗で使える)が当たる!
http://sbaa-bicycle.com/

関連記事

    「日本製の砲丸」がメダルを独占?!

      日本の砲丸投げ選手が強かったわけではありません。競技で使われる砲丸、スポーツ用具としての砲丸は日本製が優れていたという話です。アテネ五輪…



    パイ皿投げが始まり!? ディスクゴルフ

    クラブでボールを飛ばす代わりに、円盤型のフライングディスクをバスケット型のゴールに投げ入れる「ディスクゴルフ」。   より少ない投数で、専用ゴールに投…



    時間栄養学って、知ってますか?

    これまでの栄養学は、「どんな食べ物が体に良いか」ということでしたが、「いつ食べるのが良いか」を考えるのが時間栄養学です。象徴的に言えば「朝バナナ」とか「寝る前の牛乳」もそうですが、もっと深く研究されています。



    わずか2秒間の勝負! 飛び込み競技に注目

    空中での演技や水に入る時の美しさを競う、水泳の『飛び込み』競技。オリンピックでは、大きくしなるジュラルミン製の飛び板を使う「飛び板飛び込み(高さ3m)と、コンクリート製の台から飛び込む「高飛び込み(高さ10m)」が行われます。



    スカッシュは牢屋で始まった!?

    四角い部屋の中で相手と代わる代わるボールを打ち合う、スカッシュ。相手が打ったボールが2回バウンドする前に、壁に打ち返さなければなりません。使える壁は、前後左右です。



    バドミントンの起源と名前の由来は?

    バドミントンがいつ誕生したのか正確にはわかりませんが、イギリスが発祥地であることは間違いありません。1893年に英国バドミントン協会が設立されて、競技ルールが統一されたので、それ以前1860~70年ころ誕生したと思われます。



Posted in スポトピ