ソフトボールでケガ防止に役立つある用具とは?

昨シーズンからプロ野球では、「コリジョンルール(キャッチャーのブロック禁止)」が採用されました。これは、本塁での衝突を防止するためのルール。野球に限らずスポーツは、競技における安全性が大切です。

ソフトボールでは、クロスプレイによる事故防止のために、30年前から”ある用具”を使うことになっています。それは、ダブルベース。ベースが2個つながっているもので、1塁のベースとして使用します。バッターが1塁を走り抜ける時はオレンジベース、野手は白色ベースと踏むベースを分けることによって、選手の接触回避に役立っています。

ソフトボールの塁間は18・29mと短いため(一般の野球は27・431m)、特に一塁での接触が起こりやすく、大ケガとなるケースも多かった。そこで1987年、国際ソフトボール連盟で、一塁にダブルベースを置くルールが提案、可決されました。日本では97年から採用されています。

「ダブルベースが採用されてから、ずいぶんと接触事故は減りました。重さも値段も倍ですけど、プレイヤーのケガ防止に確実に貢献しています」と話すのは、45年前からソフトボールに携わっている中村章次さん(全国ソフトボール協議会)。少年野球などにも使われてもいいような気もしますが…。(ひろば編集部)

関連記事

    フェンス越えの「本塁打」はアウト?|ベースボール5(ファイブ)とは

    最近、少人数でどこでも手軽にできるスポーツが色々考案されていますね。例えば若者に人気があるバスケットボールでは3on3、ラグビーでは本来15人制だった…



    『ご当地版ラジオ体操』で自粛生活を楽しく

    子どもから大人まで、誰もが簡単に運動できるように作られているラジオ体操。動きの真似しやすさから広く全国に浸透しています。伴奏の合間には掛け声が入ってい…



    ビーチバレーは華麗? 過酷?

    浅尾美和を思い浮かべて、ビキニ姿の美人選手がいる種目と思っていませんか。1950年代の米国で美人コンテストなどと合わせてショーアップされたビーチバレー…



    「日本製の砲丸」がメダルを独占?!

      日本の砲丸投げ選手が強かったわけではありません。競技で使われる砲丸、スポーツ用具としての砲丸は日本製が優れていたという話です。アテネ五輪…



    パイ皿投げが始まり!? ディスクゴルフ

    クラブでボールを飛ばす代わりに、円盤型のフライングディスクをバスケット型のゴールに投げ入れる「ディスクゴルフ」。   より少ない投数で、専用ゴールに投…



    時間栄養学って、知ってますか?

    これまでの栄養学は、「どんな食べ物が体に良いか」ということでしたが、「いつ食べるのが良いか」を考えるのが時間栄養学です。象徴的に言えば「朝バナナ」とか「寝る前の牛乳」もそうですが、もっと深く研究されています。



Posted in スポトピ