スポーツ映画レビュー「オールド・ルーキー」

〈 監督 〉ジョン・リー・ハンコック
〈 出演 〉デニス・クエイド レイチェル・グリフィス ブライアン・コックス
2002年 アメリカ


アメリカ、テキサスで高校教師をしている35歳のジム・モリス。野球チームで監督を務めながら、妻と子ども3人に囲まれ暮らしていた。モリスはかつてマイナーリーグの投手で、肩を壊したはずだが、実は今でも剛速球を投げられる。しかし、家族のこともある。「メジャーリーグで投げる」という夢はしまいこんでいた。

ある日、モリスは、野球チームの子供たちと「地区優勝したらプロテストを受ける」という約束を交わす。負けてばかりのチームは優勝。「次は監督の番だ」と鼓舞され、モリスはプロテストを受けることに。モリスの剛速球はスカウトの目に留まり、史上最年長のルーキーが誕生した…。

実話を基に作られたこの映画。展開が読めてしまう映画でドキドキ、ワクワクするわけではない。だが、とても心地良かった。8歳の息子・ハンターの笑顔に何度も癒された。

ミドルテンポな音楽も心にスッとなじんでくる。”スポーツに関する映画”と肩を張らず、ゆっくり見たい。穏やかなひと時が過ごせるだろう。(向田奈保)