スポーツ映画レビュー「ザ・エージェント」

jerrymaguire監督 キャメロン・クロウ
出演 トム・クルーズ キューバ・グッディング・Jr レニー・ゼルウィガー他
1996年アメリカ


エージェントとは代理人のこと。代理人。もちろんスポーツに詳しい人ならご存知だろう。でもわからない人も多いのでは。そんな方におすすめなのがこの映画だ。

主人公のジェリー・マグワイア(トム・クルーズ)は選手とチームの年俸交渉などをサポートする、代理人の大企業SMIの敏腕社員だ。数多くの一流プロスポーツ選手と契約し彼らが快適な環境でプレイできるよう、条件をチームに要求、実現する。ジェリーはSMIのエースだった。

しかし多忙になりすぎたことで、『本来、最優先されなければならない選手の幸せ』を忘れてしまっていた。いつも間にか、金儲けの為なら何でもやっている会社と自分。このままではダメだ。そう考えたジェリーは社員ひとりひとりに改善書を配った。もっと選手のことを考えてあげようと。きっとみんなわかってくれるはずだ……。けれどもその期待は裏切られた。

会社を解雇され、自分を支持してくれたドロシーと2人で代理人業を始めるが、うまくいかない。唯一の頼りは落ち目のアメフト選手ロッド・ティッドウェルのみ。果たしてジェリーとロッドの運命は……!?

「私はスポーツに詳しいぞ!」という方。はっきり言って見ないことをおすすめします。なぜなら7割は恋愛映画だから。代理人は脇役で、大部分は『離婚して淋しいジェリー』と『シングルマザーのドロシー』の恋物語。でもラブストーリーだと思ってみれば、意外と心がほっこり温まるかも。アメリカ映画によくある『そんなのあるわけないだろー!!』というハッピーエンドの速さときたら、笑いがこぼれます。(一柳英男)