BOOK REVIEW「楽天イーグルス 優勝への3251日」

だから、楽天は強くなった

楽天イーグルス優勝への3251日
―球団創設、震災、田中の大記録…苦難と栄光の日々
山村 宏樹(著)
角川SSC新書(2013年10月)760円+税

新球団の誕生、首位と51・5ゲーム差という大敗を喫した1年目、野村克也監督時代の成長、東日本大震災…。濃密な9年間だったということが感じられるとともに、楽天というチームに関わっている誰一人として、欠けてはならない存在だったと理解できる。あたたかい東北の人たちの応援も欠かせなかった。そんなことを強く思わせるのがこの著書だ。

第2章「本当の『プロ野球球団』になるまで 2006〜2010年」では、名将・野村克也監督の就任、野球人の基礎を作る「ノムラの考え」、ブラウン監督のアメリカ式投手調整法という内容が紹介されている。一つひとつの歴史の積み重ねが楽天を育て、変化させていった。

第3章は「東北の球団として向き合った『震災』2011〜2012年」として、2011年4月2日に行われた試合前の、嶋基宏選手のスピーチとともに幕を開ける。私も嶋選手のスピーチはとても印象に残っている。

見せましょう、野球の底力を!
見せましょう、野球選手の底力を!
見せましょう、野球ファンの底力を!
ともに頑張ろう、東北!
支え合おう、日本!(一部抜粋)

このスピーチの他にも、嶋選手による二つのスピーチのエピソードが書かれており、「あー、だから楽天は強かったんだ。強くなったんだ」と実感する。

野球は、人生を教えてくれる。生きる力を与えてくれる著書でもある。(向田奈保)

関連記事

    BOOK REVIEW「散走読本 ―自転車の新しい楽しみ方」

    自転車でほっこりタイム 「散走」とは、散歩の「散」に、自転車で走るの「走」で自転車に関係する新しい概念(本書より)だという。 『つまり散走は、自転車と…



    BOOK REVIEW「やってはいけないウォーキング」

    健康長寿になるための歩き方 ランニングよりもさらに手軽で、普段着で始められるのがウォーキング。私のランニングコースでもある土手には午前中、夕方と時間帯…



    BOOK REVIEW「もうひとつの 日仏の架け橋」

    FSGTの歴史から学ぶ 「やっと出た!」というのが本書を手にしたときの最初の印象でした。 著者の伊藤高弘氏はFSGT(フランス労働者スポーツ・体操連盟…



    BOOK REVIEW「日本の職人技 」

    「究極の道具・技術」に挑むプロフェッショナル イチロー選手や松井秀喜選手のバットを作り続ける職人、久保田五十一さん。30代の頃、唯一自分が作ったバット…



    BOOK REVIEW「学生野球憲章とはなにか」

    日本野球の歴史がつまびらかに 野球が日本に入ったのが1872(明治5)年。東京・大阪間に電信が開通し、新橋・横浜間に鉄道が開通した年、東京大学の前身の…



Posted in BOOK REVIEW