スポーツ映画レビュー「ピンポン」

〈 監督 〉曽利文彦
〈 脚本 〉宮藤官九郎
〈 出演 〉窪塚洋介, ARATA,中村獅童, 夏木マリ,竹中直人
2002年 日本


松本大洋の漫画「ピンポン」を原作とした青春映画。片瀬高校卓球部に所属する幼なじみ、ペコとスマイルを取り巻く物語である。

クールな性格で笑わないスマイルは、幼い頃にペコに卓球を教えられた。スマイルにとってペコはヒーローの存在。しかし、卓球部顧問の小泉先生から、ペコと試合すると本来の力を出し切っていないことを見抜かれる。そしてスマイルは、エリートとして扱われ、猛特訓を受ける。敵校の中国人留学生・チャイナや全国チャンピオンのドラゴンは、スマイルをライバル視した。

一方ペコは、昔の仲間で格下と思っていたアクマにインターハイ予選で敗れてショックを受け、落ちこぼれになってしまう。卓球を辞めて沈むペコとひたすら練習に励むスマイル、二人の距離はどんどん離れていくが…。

ストーリーもキャストも音楽も素晴らしいが、正直言うと、ペコとドラゴンの卓球プレイがイマイチなのが残念なところ(CGでうまく合成してはいるが…)。

「松本大洋ワールド」を再現した独特のセリフにも注目したい。

ペコ「アツがナツいぜ!」
スマイル「卓球なんて死ぬまでの暇つぶし」
アクマ「絶対に負けない唯一の方法教えてやるよ…勝つことだよ!」
チャイナ「そんな打ち形してると癖になるぞ、メガネ」
ドラゴン「才能とは求める人間に与えられるものではない」