スポーツ漫画道場「黒子のバスケ」

kuroko作・藤巻忠俊
掲載『週刊少年ジャンプ』(集英社)
2009年~2014年


地味で目立たない。華奢で弱い。影が薄すぎてどこにいるのかさえ分からない。

そんなネガティブな印象ながら、誰もが認めるバスケ技術を持つ男子高校生が主人公の黒子テツヤだ。スポーツ漫画の「熱血で明るく爽やかな主人公像」とはかけ離れた設定がおもしろい。

黒子が中学時代に所属していた強豪バスケ部は、独特なスキルを持つ天才ばかりが集まっていたことから「キセキの世代」と呼ばれていた。だが「勝つ」ということだけにこだわり、個人技ばかりのプレイスタイルに黒子は嫌悪感を抱いた。仲間と繋がりながら楽しむのが本当に強いバスケ。それを証明するため、高校で出会った新たなチームメイトと「キセキの世代」打倒に燃える。

自分の欠点と思っていることも、見方を変えれば武器になる。黒子はそう教えてくれているような気がした。試合を通して黒子に影響を受け、少しずつ変わっていく対戦相手たちの姿にも注目してほしい。(山口優希)

関連記事

    スポーツ漫画道場「鉄拳チンミ」 スポーツ漫画道場「鉄拳チンミ」

    作・前川たけし 『月刊少年マガジン』 (講談社) 1983~1997年 この『鉄拳チンミ』は拳法漫画だ。主人公の少年・チンミは相方の猿と野山を駆け回っ…



    スポーツ漫画道場「SEKIDO」 スポーツ漫画道場「SEKIDO」

    作・山本 康人 『週刊ビッグコミックスピリッツ』 (小学館) 2005〜2006年 「地球暴泳軍」というTシャツを着て、水泳にすべてを賭ける高校生の青…



    スポーツ漫画道場「リアル」 スポーツ漫画道場「リアル」

    作・井上雄彦 『週刊ヤングジャンプ』 (集英社) 1999年~ マンガを見るだけで目の痛みを訴えていた私が、はじめて手にした『リアル』。この『リアル』…



    スポーツ漫画道場「オギちゃん」 スポーツ漫画道場「オギちゃん」

    作・村松孝一 掲載『スポーツのひろば』(新日本スポーツ連盟) 1997〜2006年 1997年から101回にわたり本誌(「スポーツのひろば」に連載され…



    スポーツ漫画道場「あさひなぐ」 スポーツ漫画道場「あさひなぐ」

    作・こざき亜衣 『ビッグコミックスピリッツ』 (小学館) スポ根。古くからあるマンガのジャンルに新しいスポーツが登場した。それはなんと薙刀。武術・武道…



Posted in スポーツ漫画道場