スポーツをする人のための腰痛対策〈1〉

構成=編集部 イラスト=いわいえみ

腰痛持ちは5人に1人、8割の人が一度は腰痛を体験します。スポーツをする人も例外ではありません。スポーツをする人にも起きる腰痛の対策と予防を調べてみました。

8割が腰痛体験者

「腰が痛い」と感じたことがない人がいたら、それは例外的に幸せな人です。「痛い」などの症状を訴える人の割合を〝有訴率〟と言いますが、有訴率の第一位は腰痛です。日本は2800万人、つまり5人に1人以上が腰痛という「腰痛大国」になっています。一生のうちに腰痛を体験する人は8割を超えるのですから、腰痛を知らない人は少数派の幸せ者と言えます。ヨーロッパ諸国でも生涯罹患率は8割以上なので、先進国はどこも腰痛に悩まされていると言っても良いでしょう。

こんなに多くの人が体験する腰痛ですが、病院へ行って診察の後で病名が付くのは15%に過ぎません。残りの85%ははっきりした原因が分からず、「非特異的腰痛」と言われます(図1)。

みなさん良くご存じの「ぎっくり腰」も、原因がよくわからない「非特異的腰痛」に入っています。そもそも「腰痛」とは腰が痛いという症状であって病名ではありません。腰が痛い原因を調べて、原因がわかった時にはじめて病名が付くことになります。

病気としての腰痛は病院に任せることにして、スポーツをする人にも良く起きる二つの腰痛に限って説明しましょう。一つはスポーツ後の疲れを残していると腰痛になるので、その対策と予防方法です。もう一つは日常生活の中で姿勢が悪いと、スポーツをする・しないにかかわらず腰痛になりますが、その対策と予防です。